パパ探し成功までの体験〜バイトで学費を払う女子大生の愛人募集

MENU

人生って何が起こるか分らない、それを実感するような事が起こってしまったのです。
高校生活もとっても順調だったし、自分が希望していた大学にも入学することができて女子大生生活を楽しんでいました。
アルバイトも少ししていましたが、ほとんどは親の仕送りでキャンパスライフを楽しんでいました。
友達と遊びに行ったりコンパに参加したり、楽しいことばかりで華やかな毎日を過ごしていました。
やっぱり女子大生になって良かった、そんなことばかり感じていたんです。
恋人を作ることもできたし、全てが順調にいっていると考えていたんです。
だけど、親からの突然の電話でそれが変わってしまったんです。
父親がリストラにあってしまい、現在無職の状態となってしまったのです。
次の仕事を見つけるのも時間がかかりそうだと言うこともあって、学費を出すことが難しくなってしまったと言うのです。
これは本当に驚いてしまいました。
せっかく希望した大学に入学できたのに、このままでは退学しなければならない状況になってしまいました。
私としては女子大生を続けたいという気持ちもありましたから、親と相談をしてアルバイトで稼いで学費を出すという事で話がまとまりました。
親も早めに仕事を見つけてまた学費を出せるようにするからと言ってくれたので、ある程度は自分で頑張って行こうと思ったのです。
夜の仕事の方が時給がいいから、居酒屋でアルバイトを始めました。
昼間講義が終わってから、夜は居酒屋のアルバイトをほぼ毎日のように入れてもらって仕事をするようになりました。
今まではコンビニでたまにアルバイトをするぐらいだったのですが、周囲に6回もアルバイトのシフトを入れなければならなかったのです。

最初は本当に頑張っていたんですが次第に疲れも溜まってくるし友達とも遊べないしで、憂鬱な気分になってしまいました。
その頃に高校時代からの親友から連絡があって、パパを見つけて月に30万円も手当を受け取っていると話てきたのです。
今の自分には夢のような話だって感じてしまいました。
一生懸命アルバイトをしなくても、パパがいれば何とかなるんだとわかったのです。
自分もパパ探しをして助けてくれる人を見つけてみたいって思うようになりました。
パパを募集する方法を友達から聞き出して、自分もサポートを受けたいって思ったんです。
どうやって友達がパパ募集をしたのか、会って直接聞き出そうって思いました。

 

 降って湧いた親のリストラの話で、一気に華やかな生活が暗いものになってしまいました。
学生生活を続けたかったから、居酒屋のアルバイトをするようになりましたが、本当に厳しいものがありました。
古い友達が話してきたパパとの関係、物凄い強い興味を持ってしまいました。
パパ探しをすることで、高額な手当を貰うことができるんだったら学生生活を楽にできるのです。

 

 

名前:香穂
性別:女性
年齢:20歳

 

プロフィール:
 それは青天の霹靂でした。
順調に女子大生生活を送っていた時に、突然親からかかってきた電話がすべての始まりになったのです。
親の仕事の都合で学費を払うことができなくなってしまったのでした。
学校辞めたくなかったのでアルバイトに精を出すことにしたのですが、これが大変な苦労となってしまったのです。